So-net無料ブログ作成

フランケンシュタインの恋7話感想ネタバレ・6話あらすじ予想まとめ [ドラマ]

20170418104830.png
画像引用元: http://whatblog.hatenablog.com/entry/2017/02/11/105202


スポンサーリンク







ドラマ「フランケンシュタインの恋」の7話と6話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ



【怪物は強い人】

 研はラジオで、継実への思いや自分の人生を、赤裸々に語りました。そしてリスナーに「人間をもっと知りたい」と投げかけます。十四文は人間の世界に早くも溶け込んでいく研を、「頭が良い」と賞したと同時に、問題を起こさないか危惧しました。また、研に興味を持つリリエとは裏腹に、みのるは研を邪魔な存在に感じるようになりました。

 継実にラジオに出た理由を尋ねられた研は、「人間の事をもっと知りたいから」と答えました。天草からの電話で、研の出演にリスナーが大反響を寄せていることを知った研は、喜びます。しかし継実は心配で仕方ありません。

 再び天草のラジオに出た研は、リスナーの働くコンビニで、職業体験をすることになりました。しかしクレーマーの客から理不尽なクレームを付けられ、空気は一変します。研が変態しないか、固唾をのむ継実の心配をよそに、研の温厚な態度で、客は黙って帰っていきました。

 さらに、離婚調停中の夫婦のもとを訪れた研は、人には『虚しい』という感情があることを知ります。天草がわざと夫を怒らせ、夫婦の離婚が成立しました。夫に殴られた天草を見て、動揺する研ですが、気持ちを静めて立て直します。放送を終えた天草は、聖哉に「何も起きないですが?」と連絡を入れました。意図的に研を動揺させていると気づいた聖哉は、「何が起きても知らない」と返します。それを聞いていた琴美は、聖哉に「継実と研を引き離すために、ラジオに出させているの?」と尋ねますが、聖哉は否定しました。再び天草に連絡した聖哉は、研のラジオへの出演を断りますが、天草は受け入れません。

 天草と共に、義足を付けている幼稚園児のもとを訪れた研は、その男の子も『怪物』と呼ばれていることを知ります。研は男の子と園児たち共に、かけっこをすることにしました。一斉に走り出す園児たちに混じり、男の子も走り出しますが、途中で転んでしまいます。研は男の子に駆け寄り、「怪物は強い人という意味だよ」と励まします。いつしか園児たちや保護者、駆けつけた継実や聖哉も応援し始めます。ゴールした男の子を、研は笑顔で抱きしめました。

 研と天草は、継実と聖哉と共に、みのるに呼び出されました。研を気に入らないみのるは、「お前らのやっていることは虚しい!正体を見せろ!」と叫びます。憤った研は、変態を抑えきれず、胞子を放出し始めてしまいます。苦しそうに謝る研を、継実は何とも言えない表情で見つめました。


感想



研に心無い言葉をかけてしまったみのるですが、自分のラジオに突然出てきて、人気者になった研に、素直に嫉妬しているだけなのかなと思いました。しかし必死で隠してきた本性を、露わにしてしまった研の気持ちを思うと、やりきれません。完全に人間と共存することは、やはり難しいのでしょうか…。

スポンサーリンク









予想



研と継実を引き離すために、研をラジオに出演させたことを、継実に打ち明けた聖哉は、自分の行いを恥じました。また研が変態した姿を見た天草は、ますます研に興味を抱くようになり、自分の出演するイベントに呼ぶなど、人間と研を関わらせていくのではないかと思います。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。