So-net無料ブログ作成
検索選択

貴族探偵8話感想・ネタバレと7話あらすじ予想について!(ドラマ) [ドラマ]

ea542a19.jpg
画像引用元: https://matome.naver.jp/odai/2149352409976553601

スポンサーリンク







月9ドラマ「貴族探偵」の8話と7話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ




【切子と貴族の接点】

 切子は、大切なクライアントである、戸倉電子の社長・健一が自室で自殺したと知り、自宅を訪れました。営業部長の幸彦、妻の光恵、息子の忠仁、娘の江梨子と会った切子は、健一の部屋を見に行きます。そこには現場検証をする雷雨の姿がありました。

 切子は雷雨に、床のベタベタした物質を解明すること、糸が現場に落ちていなかったか、健一の胸ポケットに小さな穴が開いていなかったか、調べるよう頼みます。そこへやって来たのは、事件が起きたと聞きつけた貴族でした。切子と貴族は、事件の解決を目指して戦うことにします。この事件の報告書を呼んだ愛香は、切子にとって最後の推理となったこの事件に、貴族との深い関係があるように思えました。

 死亡推定時刻の午前2時、レイトショーを見に行っていた忠仁と江梨子、会社に戻った幸彦は不在でした。反対にアリバイがないのは、光恵と真左子です。切子は忠仁と江梨子から、光恵が健一の再婚相手だったことを聞きます。さらに15年もの間、健一を支えていた真左子を差し置いて、交際半年で光恵が妻になったことも把握しました。

 また事件前日、健一から全く同じバッグプレゼントされたことを知った光恵と真左子が、揉めたことも知ります。健一の部屋の鍵が入った光恵の鞄は、このトラブルで真左子と入れ替わってしまいました。しかし気づいた真左子は、夜のうちに健一に返します。第一発見者も真左子でした。

 リビングのリモコンが30℃に設定されていたこと、床のベタベタはアルカリ性の洗剤だったこと、現場のエアコンの正面の壁側に糸が落ちていたこと、健一の胸ポケットに小さな穴が開いていたことを知ったことを把握した切子は、犯人が分かりました。

 犯人は睡眠薬入りのチョコで健一を眠らせ、殺害した後に、シャツの胸ポケット上部に針で糸を通し、糸の両端を飾り窓から廊下に出しました。そして鍵を閉めた後、鍵をロープウェイの要領でシャツのポケットにしまいました。しかし糸を回収していると、途中で糸が切れてしまいました。部屋に残った糸は、針に通すために舐めた部分です。そこで犯人は水鉄砲にアルカリ性の洗剤を入れ、たんぱく質を消すために、舐めた部分に吹きかけました。さらにリビングのリモコンを使って暖房を稼働させ、洗剤を乾かして証拠隠滅を図りました。

 疑われた光恵は、会社に悪い噂を立たせないよう、健一の自殺を主張しました。貴族はそんな光恵に「あなたをお救いします」と声をかけ、山本に真相解明を指示します。その山本は真左子が犯人だと断言しました。犯行後、光恵の鞄を持っていることに気づいた真左子は、合い鍵を使って健一の部屋に入り、自分の鞄と光恵の鞄を入れ替えました。その際、光恵の口紅で糸をなぞる、偽装工作を図り、再び密室を作ったのです。家族に疑われながらも、会社と夫を支えた光恵に、貴族は経緯を表しました。

 光恵と幸彦からこのことを聞いた愛香は、事件が終わった後に、貴族と切子が二人きりで話をしていたことを知ります。貴族は切子があえて推理を外したこと、家族の信頼を取り戻すために、わざと光恵を犯人にしたことを指摘しました。切子は「この名前に見覚えは?」と一枚の紙を貴族に見せました。切子がいなくなった後、貴族は使用人の鈴木を呼び出し、切子を殺害するよう指示しました。切子の遺品から手帳を見つけ出した愛香は、最後のページが切り取られていることに気づき、その下のページを鉛筆で塗り始めました。そこには『政宗是正』という名前が浮かび上がります。


感想



切子と貴族が携わった事件に焦点が当たった今回は、どこかミステリアスで独特の雰囲気の回となりました。愛香が師匠と仰ぐだけあり、切子の推理はとても安定していて、視点が鋭く、完璧でした。しかしあえて推理を外し、事件をまとめ上げた配慮が素晴らしかったです。今後どのように展開していくのか、次回が待ちきれません。

スポンサーリンク









予想



愛香は母校の大学で、研究室の教授が殺されている現場を目撃してしまいます。推理をしていた愛香でしたが、なぜか警察に連行されることに…見えない力が働き、強制的に逮捕されてしまうのではないでしょうか。きっと貴族の指示で、警察は有無を言えない状況なのだと思います。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。