So-net無料ブログ作成

フランケンシュタインの恋8話感想ネタバレ・7話あらすじ予想まとめ [ドラマ]

20170418104830.png
画像引用元: http://whatblog.hatenablog.com/entry/2017/02/11/105202


スポンサーリンク







ドラマ「フランケンシュタインの恋」の8話と7話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ




【研に芽生える、新たな感情】

 研の胞子に触れたみのるは、顔や手をキノコに覆われて倒れました。そのキノコを採取した聖哉は、十四文に特効薬を作るよう頼みます。そのキノコが、プライドを傷つけられたことで生えた、新種のキノコだと解明した十四文は、研が無数の菌を持っているのだと解釈しました。研に「津軽さんと一緒にいるのが怖い」と言われた継実は、言葉が出ません。

 薬のおかげで、みのるが意識を取り戻したことを知った天草は、十四文から研の菌には感染性のあるものも含まれていることを聞かされ、動揺しました。さらに研が本物のフランケンシュタインだと知り、気が動転します。十四文は、研を公共の場に連れ出すことのリスクについて説明しました。その頃研は、瑠以が布団に殺虫剤を撒いているのを見て、驚きます。

 みのるの代わりにメインパーソナリティーを務めることになった天草は、金曜日の生放送で研をゲストとして呼ぶことを提案されました。しかし天草は不安でいっぱいです。美琴が聖哉に、一級建築士の夢を語っていると、天草がやって来ました。公開ラジオに出演させることを渋る聖哉を、天草は安心させます。

 研は継実の家へ行き、「一緒にいるのが怖い」と言ったことを謝りました。継実に人間界で生きることを応援された研は、嬉しさのあまり抱擁しようとします。新たな感情が芽生えたことを説明した継実は、研の肩にもたれました。

 聖哉はみのるに、研のことを世間に言わないよう頼みこみました。みのるは「喋る仕事をしているのに」と言いながらも、自分のラジオを汚さないことを条件に納得します。聖哉と入れ替わるようにやって来たリリエは、みのるに研のことを問いただします。みのるは研に近づかないよう助言しました。

 公開生放送が始まり、継実と聖哉も一般の観客に混じって、研を見守ります。「恋人を抱きしめるとどんな気持ちになる?」と聞くリスナーに、研が「抱きしめたことがない」と話すと、観客は目を細めました。そこへリリエが、「十勝さんに何をしたの?」と尋ねたことで、空気が一変しました。動揺した研は、変態を抑えることができず、ステージを降りて走り出しました。

 逃げる際にトラックにはねられた研でしたが、無傷で逃げ続けます。必死で研を見つけた継実は、安堵の表情を浮かべました。自宅に戻り、ツイッターを確認した聖哉は、研の情報が広がっていることに、深く落ち込みました。その時、研が除菌剤を飲もうとしているのを見つけ、慌てて止めます。駆けつけた継実の前で、聖哉は、自分が研と継実を引き離すために、研をラジオに出演させたことを訴えます。さらに、生放送でもこのような事態になることを、心の片隅で願っていたことも打ち明けました。聖哉は「人間じゃないのは俺なんだ」と悲しそうに言いました。


感想




聖哉の「人間じゃないのは俺なんだ」という告白は、ドキッとするものがありました。心の綺麗な研を見ていると、研と継実を引き離そうとする、自分の方が『人間じゃない』と恥ずかしく思ったのかもしれません。継実は聖哉に何と声をかけるのか…次回が気になります。


スポンサーリンク









予想




研に対するクレームが、ラジオ局にたくさん寄せられたことで、みのるは怒り狂うと思います。そして番組を続けるために、自分の仕事を守るために、研を再びラジオに出演させ、真相を語らせるのではないでしょうか。研の正体を知った、工務店の同僚は、驚きながらも研を認め、一緒に働き続けるよう励ますと思います。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

貴族探偵8話感想・ネタバレと7話あらすじ予想について!(ドラマ) [ドラマ]

ea542a19.jpg
画像引用元: https://matome.naver.jp/odai/2149352409976553601

スポンサーリンク







月9ドラマ「貴族探偵」の8話と7話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ




【切子と貴族の接点】

 切子は、大切なクライアントである、戸倉電子の社長・健一が自室で自殺したと知り、自宅を訪れました。営業部長の幸彦、妻の光恵、息子の忠仁、娘の江梨子と会った切子は、健一の部屋を見に行きます。そこには現場検証をする雷雨の姿がありました。

 切子は雷雨に、床のベタベタした物質を解明すること、糸が現場に落ちていなかったか、健一の胸ポケットに小さな穴が開いていなかったか、調べるよう頼みます。そこへやって来たのは、事件が起きたと聞きつけた貴族でした。切子と貴族は、事件の解決を目指して戦うことにします。この事件の報告書を呼んだ愛香は、切子にとって最後の推理となったこの事件に、貴族との深い関係があるように思えました。

 死亡推定時刻の午前2時、レイトショーを見に行っていた忠仁と江梨子、会社に戻った幸彦は不在でした。反対にアリバイがないのは、光恵と真左子です。切子は忠仁と江梨子から、光恵が健一の再婚相手だったことを聞きます。さらに15年もの間、健一を支えていた真左子を差し置いて、交際半年で光恵が妻になったことも把握しました。

 また事件前日、健一から全く同じバッグをプレゼントされたことを知った光恵と真左子が、揉めたことも知ります。健一の部屋の鍵が入った光恵の鞄は、このトラブルで真左子と入れ替わってしまいました。しかし気づいた真左子は、夜のうちに健一に返します。第一発見者も真左子でした。

 リビングのリモコンが30℃に設定されていたこと、床のベタベタはアルカリ性の洗剤だったこと、現場のエアコンの正面の壁側に糸が落ちていたこと、健一の胸ポケットに小さな穴が開いていたことを知ったことを把握した切子は、犯人が分かりました。

 犯人は睡眠薬入りのチョコで健一を眠らせ、殺害した後に、シャツの胸ポケット上部に針で糸を通し、糸の両端を飾り窓から廊下に出しました。そして鍵を閉めた後、鍵をロープウェイの要領でシャツのポケットにしまいました。しかし糸を回収していると、途中で糸が切れてしまいました。部屋に残った糸は、針に通すために舐めた部分です。そこで犯人は水鉄砲にアルカリ性の洗剤を入れ、たんぱく質を消すために、舐めた部分に吹きかけました。さらにリビングのリモコンを使って暖房を稼働させ、洗剤を乾かして証拠隠滅を図りました。

 疑われた光恵は、会社に悪い噂を立たせないよう、健一の自殺を主張しました。貴族はそんな光恵に「あなたをお救いします」と声をかけ、山本に真相解明を指示します。その山本は真左子が犯人だと断言しました。犯行後、光恵の鞄を持っていることに気づいた真左子は、合い鍵を使って健一の部屋に入り、自分の鞄と光恵の鞄を入れ替えました。その際、光恵の口紅で糸をなぞる、偽装工作を図り、再び密室を作ったのです。家族に疑われながらも、会社と夫を支えた光恵に、貴族は経緯を表しました。

 光恵と幸彦からこのことを聞いた愛香は、事件が終わった後に、貴族と切子が二人きりで話をしていたことを知ります。貴族は切子があえて推理を外したこと、家族の信頼を取り戻すために、わざと光恵を犯人にしたことを指摘しました。切子は「この名前に見覚えは?」と一枚の紙を貴族に見せました。切子がいなくなった後、貴族は使用人の鈴木を呼び出し、切子を殺害するよう指示しました。切子の遺品から手帳を見つけ出した愛香は、最後のページが切り取られていることに気づき、その下のページを鉛筆で塗り始めました。そこには『政宗是正』という名前が浮かび上がります。


感想



切子と貴族が携わった事件に焦点が当たった今回は、どこかミステリアスで独特の雰囲気の回となりました。愛香が師匠と仰ぐだけあり、切子の推理はとても安定していて、視点が鋭く、完璧でした。しかしあえて推理を外し、事件をまとめ上げた配慮が素晴らしかったです。今後どのように展開していくのか、次回が待ちきれません。

スポンサーリンク









予想



愛香は母校の大学で、研究室の教授が殺されている現場を目撃してしまいます。推理をしていた愛香でしたが、なぜか警察に連行されることに…見えない力が働き、強制的に逮捕されてしまうのではないでしょうか。きっと貴族の指示で、警察は有無を言えない状況なのだと思います。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

フランケンシュタインの恋7話感想ネタバレ・6話あらすじ予想まとめ [ドラマ]

20170418104830.png
画像引用元: http://whatblog.hatenablog.com/entry/2017/02/11/105202


スポンサーリンク







ドラマ「フランケンシュタインの恋」の7話と6話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ



【怪物は強い人】

 研はラジオで、継実への思いや自分の人生を、赤裸々に語りました。そしてリスナーに「人間をもっと知りたい」と投げかけます。十四文は人間の世界に早くも溶け込んでいく研を、「頭が良い」と賞したと同時に、問題を起こさないか危惧しました。また、研に興味を持つリリエとは裏腹に、みのるは研を邪魔な存在に感じるようになりました。

 継実にラジオに出た理由を尋ねられた研は、「人間の事をもっと知りたいから」と答えました。天草からの電話で、研の出演にリスナーが大反響を寄せていることを知った研は、喜びます。しかし継実は心配で仕方ありません。

 再び天草のラジオに出た研は、リスナーの働くコンビニで、職業体験をすることになりました。しかしクレーマーの客から理不尽なクレームを付けられ、空気は一変します。研が変態しないか、固唾をのむ継実の心配をよそに、研の温厚な態度で、客は黙って帰っていきました。

 さらに、離婚調停中の夫婦のもとを訪れた研は、人には『虚しい』という感情があることを知ります。天草がわざと夫を怒らせ、夫婦の離婚が成立しました。夫に殴られた天草を見て、動揺する研ですが、気持ちを静めて立て直します。放送を終えた天草は、聖哉に「何も起きないですが?」と連絡を入れました。意図的に研を動揺させていると気づいた聖哉は、「何が起きても知らない」と返します。それを聞いていた琴美は、聖哉に「継実と研を引き離すために、ラジオに出させているの?」と尋ねますが、聖哉は否定しました。再び天草に連絡した聖哉は、研のラジオへの出演を断りますが、天草は受け入れません。

 天草と共に、義足を付けている幼稚園児のもとを訪れた研は、その男の子も『怪物』と呼ばれていることを知ります。研は男の子と園児たち共に、かけっこをすることにしました。一斉に走り出す園児たちに混じり、男の子も走り出しますが、途中で転んでしまいます。研は男の子に駆け寄り、「怪物は強い人という意味だよ」と励まします。いつしか園児たちや保護者、駆けつけた継実や聖哉も応援し始めます。ゴールした男の子を、研は笑顔で抱きしめました。

 研と天草は、継実と聖哉と共に、みのるに呼び出されました。研を気に入らないみのるは、「お前らのやっていることは虚しい!正体を見せろ!」と叫びます。憤った研は、変態を抑えきれず、胞子を放出し始めてしまいます。苦しそうに謝る研を、継実は何とも言えない表情で見つめました。


感想



研に心無い言葉をかけてしまったみのるですが、自分のラジオに突然出てきて、人気者になった研に、素直に嫉妬しているだけなのかなと思いました。しかし必死で隠してきた本性を、露わにしてしまった研の気持ちを思うと、やりきれません。完全に人間と共存することは、やはり難しいのでしょうか…。

スポンサーリンク









予想



研と継実を引き離すために、研をラジオに出演させたことを、継実に打ち明けた聖哉は、自分の行いを恥じました。また研が変態した姿を見た天草は、ますます研に興味を抱くようになり、自分の出演するイベントに呼ぶなど、人間と研を関わらせていくのではないかと思います。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

フランケンシュタインの恋6話感想ネタバレ・5話あらすじ予想まとめ [ドラマ]

20170418104830.png
画像引用元: http://whatblog.hatenablog.com/entry/2017/02/11/105202


スポンサーリンク







ドラマ「フランケンシュタインの恋」の6話と5話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ




【人間を知ること】

 聖哉は天草のもとを訪れ、研の事をネタにしないで欲しいと頼みました。一方、晴果と叶枝に会うことになった研は、自分の正体を明かさないことを約束しました。研を怪しむ晴果でしたが、継実の説得もあり、渋々納得します。研は、嘘をつくことは時に思いやりになることを知りました。

 研は、恵治郎から初給料を手渡されました。そこへ聖哉がやって来て、天草と会ったことを話します。羨ましがる研をよそに、継実は不安がります。そんな継実に聖哉は、これ以上研にのめり込まないよう、釘を刺しました。後日、研は光毅に「母の治療費としてお金を貸してほしい」と頼まれ、給料全てを渡してしまいます。美琴はすぐに、光毅が研から金をだまし取ったと見抜きました。

 天草に会えた研は、大興奮します。継実と付き合う気が無いか尋ねられた研は、喜ばせることが幸せだと話しました。その頃、母の経営するスナックを訪れた光毅は、研の給料袋を投げるように渡します。店を出た光毅を、怒った美琴が追いかけました。天草と2人きりになった研は、天草がかつての恋人を自殺で亡くしていることを知ります。人間について悩む天草は、研にラジオの出演をオファーしました。

 帰って来た研を、光毅を囲む、工務店の従業員が迎えます。光毅に騙されたことを知った研は、驚きました。母のスナックへ向かった光毅たちは、金を返すよう詰め寄ります。男に殴られた研を庇おうとした継実が、強く投げ飛ばされたのを見て、研は変態し始めました。慌てた継実が「あなたが好き」と告白し、なんとか変態が収まります。光毅からお金を返してもらった研は、天草のラジオに『人間をもっと知りたい』とメッセージを送りました。

 継実は叶枝から、大学内のお地蔵さんはサキが建てたものかもしれないという話を聞きました。それを聞いた継実は十四文に、「研は120年前に、伝染病の患者として研究所にいて、研太郎と出会ったのではないか」と見解を打ち明けます。そこへ聖哉が「研が天草と一緒に東京へ向かった」と慌てた様子でやって来ました。研は天草のコーナーに飛び入りで参加しました。研が来ることを知る由もないみのるとリリエは、驚きを隠せません。


感想



ついに天草と会えた研の、嬉しそうな表情が印象的でした。ずっとラジオの天草だけが知り合いだった研にとって、天草と過ごす時間はかけがえのないものだったと思います。しかしこのまま接近しすぎるのは、正体をさらす可能性があるという意味で、リスクが大きいのではないかと思います。

スポンサーリンク









予想



ラジオへの出演を果たし、大喜びの研ですが、継実と聖哉はこの状況をあまり良くは思わないのではないでしょうか。しかしそんな心配をよそに、研は社会とのかかわりを深め、人間の事を知って行くのだと思います。トラブルに巻き込まれなければいいのですが…一波乱ありそうです。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

貴族探偵7話感想・ネタバレと6話あらすじ予想について!(ドラマ) [ドラマ]

ea542a19.jpg
画像引用元: https://matome.naver.jp/odai/2149352409976553601

スポンサーリンク







月9ドラマ「貴族探偵」の7話と6話の感想、あらすじネタバレと予想です!

ネタバレあらすじ



【明かされ始めた貴族の正体】

 皐月は愛香に、友也が足を引きずっている理由を説明しました。幼少期、足をくじいた弥生を、友也は骨折した状態で背負って歩きました。その名誉の負傷が、後遺症となっているのです。鷹亮から捜査を依頼された愛香は、解決した暁には、貴族の正体を教えて欲しいと頼みました。

 貴族は佳史の事件を佐藤に、幸介の事件を田中に、悟の事件を山本に担当させました。佐藤は、刃物に幸介の指紋がついていたこと、遺体のおでこに2つのこぶが出来ていたことを報告します。また田中は、幸介の右側頭部が殴られていたこと、凶器がオブジェの一部だったこと、灰皿の中に壊れた眼鏡が入っていたことを伝えました。さらに山本は、悟は背後から紐で首を絞められていたこと、手に佳史のボタンがあったことを報告しました。

 犯人を悟った愛香は、全員を集めて説明し始めました。友也へ想いを寄せながらも、婿を選ばなければならなくなった弥生は、候補者たちに嘘の情報を流し、互いを殺し合うよう仕向けました。そして残った佳史を自分で殺し、部屋に戻ったのです。弥生の様子が普段と違うことを見抜いた友也は、現場を密室にして、弥生を庇いました。

 その推理を聞いた貴族は、執事たちに訂正を指示しました。全ては偽装工作の上行われた犯行で、悟を殺したのが幸介、幸介を殺したのが佳史、佳史を殺したのが悟だと説明されると、愛香はその推理に違和感を抱きます。

 悟に刺された後、奇跡的に意識を取り戻した佳史は、幸介を殺した後に息を絶ちました。しかし友也は弥生が殺したと思い込み、弥生を庇うために密室を作ったのです。一方、友也が現場へ向かう様子を見ていた弥生は、友也が候補者たちを殺したと思い込み、愛香の推理に意義を唱えなかったのです。鷹亮は友也に「お前は使用人失格。これからは桜川家のために生きろ」と言い、2人の関係を認めました。

 推理がはずれ、落ち込んでいた愛香は、庭に毒うつぎが生えていることに気づきました。俊市を殺害しようとした犯人が明らかになっていないことに違和感を覚えた愛香は、雷雨と共に俊市の病室を訪れます。しかしそこには危篤状態の俊市の姿はなく、カルテも抹消されていました。愛香は医療法人白桜会が、桜川家の経営する病院だと知り、驚きます。

 貴族は鷹亮に、候補者を追い払うために俊市を利用したのではと指摘します。俊市は鷹亮に言われるがまま、毒を飲まされたフリをして、「うつき」というメッセージを残しました。鷹亮は「あなたが切子を殺したことも、そのうち気づかれるのでは」と貴族を脅しました。事務所で切子の死亡届けを見つけた愛香は、封筒に貴族の紋章が入っていることに気づき、切子の死因に疑問を抱きました。


感想



桜川家の事件が無事解決して、安心したのも束の間、鷹亮と貴族のブラックな関係性や、切子の死と貴族の関係など、これまで明らかになっていなかったことが、少しずつ解明される予感がしてきました。謎の多かった貴族の正体が、少しずつ明かされると思うと、ますます次回が気になります!

スポンサーリンク








予想



切子の死亡届を見つけた愛香は、切子と貴族の関係について調べ始めると思います。手掛かりを頼りに、切子の死の理由にたどり着こうとする愛香…切子の死までの経緯や、その状況が少しずつ明らかになって来るのではないでしょうか。愛香は自信同様、切子も貴族と対立していたことを知るのだと思います。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能